パート・有期契約労働者を活用した助成金③

「均等待遇・正社員化推進助成金」

 

③短時間正社員制度の導入

短時間正社員制度を導入し、実際にパート等が短時間正社員となった際にもらえる助成金です。

パートさんのなかには、夫の扶養内でおさえたいので労働時間をセーブしたいとか子育てがある

のでフルタイムでは働けないというような理由で正社員よりも短い労働時間を希望することが多くあります。

 

そんな中で能力のあるけど正社員のようにフルタイムで働けない人のために短時間正社員制度があります。

短時間正社員制度を導入することでパートの選択肢が広がり、能力のあるパートの確保、モチベーションアップ効果もあるのでパートを雇用されている会社にはおすすめの助成金です。

 

【助成金をもらうための主な要件】

①パートまたは有期契約労働者を雇っていること。

②短時間正社員制度を設けること。

③制度を設けてから5年以内に1人以上短時間正社員にすること。

④短時間正社員として、6ヶ月間雇うこと。

⑤同じ能力の正社員と比較し、時給換算で同等の処遇であること。

 

【もらえる助成金の額】 ※中小企業の場合

1人目          → 40万円

2人目~10人目まで → 1人につき20万円(母子家庭の母等である場合は、30万円)